QuickTimeを入れずにiTunesを入れる

最新バージョンはマシとは聞きますが、それでもやっぱりアドウェアの如くあれこれ常駐したり勝手に関連づけを狂わせたりするお節介なソフトは入れたくないものです。しかし iPhone を使う上で使わざるを得ない iTunes は QuickTime のコンポーネントに依存しているので、この用があろうと無かろうと入れたくない QuickTime が必然的にくっついてくるという実に困った仕様。どうやら他のどうでも良いソフトまで入れてくれるようですけど。

かといってここで諦めるわけにはいかないということで調べてみたら、コーデックパックが流行り出す前ぐらいの頃にお世話になり最近すっかり聞かなくなっていた QuickTime Alternative とそのアドオンで代用できるようです。

アドオンが最新の QuickTime Alternative でも必要なのかはちょっと怪しいですが、最終更新日が一致しているので多分必要な感じがします。検証はそのうちおいおいと。QuickTime Alternative は最低限、IE の ActiveX ぐらいは選択して入れておかないと iTunes 起動時に撥ねられてしまいます。

iTunes の方も可能な限りゴミを入れたくなかったので、自己解凍書庫を展開して msi を個別に実行してインスト。AppleApplicationSupport 、AppleMobileDeviceSupport 、AppleSoftwareUpdate あたりは必要そうな感じなので入れてから iTunes 、とやりましたがどうも iTunes の実行中に呼び出される仕組みらしく、Bounjour.msi とか QuickTime.msi はしっかり削除しておく必要があるようです。それでも QuickTime.msi を呼び出そうとするなら、AppleMobileDeviceSupport.msi を QuickTime.msi にリネームして回避で。

これでようやく QuickTime 無しで iTunes が入り、やっと iPhone がちょびっと使えるように。まずは登録ってことで Apple ID の登録からやってみましたけどこれ、この時点で住所氏名からクレカ番号まで全部聞くんですか。せめてクレカ番号ぐらい、後でも良いだろうと思ったのにキャンセルできないっぽいし。使ってる人は何の疑問も抱かずに登録してるんですかねー。

コメントを残す