Innocent Grey 結成5周年スペシャルLIVEイベント in Shibuya-O-EAST

行くべきかどうかで迷って結局チケット買ってしまったので。聖夜に渋谷のホテル街近くとか、何のプレイだよというツッコミはものともせず。

席は L という記号から予想される通りに左端。まあ真正面の後ろの方よりはステージに近いともいえるのですが。視界的に、ステージ左端側がよく見えないのはちと残念。

司会は八木沼と綴じ子の中の人。八木沼の人は格好良すぎて驚きました。

曲は BGM とボーカル曲を織り交ぜ、サプライズネタやショートシナリオの朗読があったりとイノグレのファン的には充分満足のいく内容だったんじゃないかと。ちゃんと全曲生演奏、生コーラスで聞く名曲の数々は素晴らしい。

霜月はるかの声は初めて生で聞きましたが、中高音域の延びって本当に (再生環境はさておくとして) CD じゃ全然聞こえてこない音ですね。生で聞く恋獄やトライアングラーで元は取れすぎました。

ただイノグレの客層的に、この種のライブに対するノリで迷っていたところは自分含めてあったなあ、と。しっとりとした BGM で立ったり手拍子が入ったりするわけもなく、サプライズのところからようやく盛り上がり始めたかって感じでしたし。この辺の空気は何とも難しい。いわゆるオタ芸嫌いとか多そうだし。まあ自分もちょっと眉をひそめる (遠隔的な表現) 方ですけど。

声優の中では八木沼、あじ子、綴じ子、みーみさん、詩音が出ていましたが詩音以外はやっぱり色々経験あるからか場慣れした感が。いやでも、詩音の人は不慣れと緊張の中、頑張っていたと思うんだと一応。というかミニスカートで飛び跳ねすぎるみーみさんは色々と反則。

チケットも前日までには無事完売したようですし、次回も是非やって欲しいところですがご時世が色々とあれだけに何とも。殆ど杉菜氏の趣味で作ってるだけに、趣味じゃ何とかならなくなった頃が怖いですが。

コメントを残す