“文学少女”と飢え渇く幽霊

残っていたあとがきも読んで読了。2 巻目で、いや 2 巻目だからこそ、シリーズの雰囲気を打ち出すために敢えて題材を選んだのかなあと。

正直、ななせさんの典型的ツンデレ台詞が読んでいて恥ずかしいのですが重要な伏線っぽいキャラなんだよねという勘を信じます。

コメントを残す