“文学少女”と繋がれた愚者

読了。

過去のゲストキャラって使い捨てじゃなかったんだ、ということにまず驚きました。しかも特に幸せな毎日を満喫していました、まる、てわけでもなく。

ツンデレさんがもうデレの兆候を見せたのはやや早いかとも思いましたがまだまだ引っ張る気満々のようです。色々とネタは思い浮かびそうですが、どれだろう。

今更いうことでもないですが、これってもう一度読むことを暗黙のうちに強要しているかのような構成のように感じます。一度読んだあと二度目を読むとああなるほど、ていうのは誰もが知っている感覚ですが、このシリーズはそれをさせようとする力を感じると言いますか。もう一度読んでみて初めて、読了したと言えるんじゃないかとさえ思うのです。

確かに色々気になるところはあるし、そうしてみたいのも山々ですが基本的には一周で終わらせたいなあとか、先が気になるなあとか思う自分にはこの葛藤はなかなか辛いものが。

最後の最後でまた気になる伏線を張られちゃってますし。これも定番どころのオチなのかはたまた全く違う方向なのか、まだ作風に判然としないものがあるからかどうにも読みにくい。何せ遠子先輩は相変わらずですし。

コメントを残す