“文学少女”と慟哭の巡礼者

5 章まで。

いよいよやつが来る、とわかってはいても序盤での真打ち登場にはちょっと吃驚。待たされただけあって言動の一つ一つが期待通りどころか期待以上。もう、こういう人は好き好き大好きです。

ここに来て急に面白くなったというのもアレな話ですが、この中盤の不安感は実に良いものです。何となくページ数も多めに見えるだけあってきっと凄い展開になってくれる、はず。

コメントを残す