“文学少女”と月花を孕く水妖

読了。

いきなり時系列がおかしいので、もしかして遠子先輩は留年して実は真ヒロインは遠子先輩だったという斜め上をいったのかと思いましたが普通に番外編なんですね。いつもの「自己紹介代わりの回想」が無いところからして違いますし。

後付けの挿入話ってどうだろうとちょっと不安に思ったものの 1 、2 巻の頃の雰囲気とノリを再現というか忠実に出ています。逆に言うと 3 巻以降とはやはり雰囲気が違うものがあったと。

時折混じる思わせぶりなネタ振りに、まさかねえと思ったりもしましたけどそのまさかコースで進むのかな。

コメントを残す