“文学少女”と神に臨む作家 下

読了。

何だろう、このまんまと釣られてしまった感は。騙されたって訳ではないのだけど、意外な方向に進んでしまうとこう感じてしまうのか。あ、ラスト数ページのあれは一種のギャグってことで全然良いのですけども。

以下、ネタバレになるので一応分割。

物語としてのヒロインが遠子先輩なのはタイトルからして自明なのですが、主人公の相方としてのヒロインもまた遠子先輩というのは予想してませんでした。というより二人の関係に恋愛的なものを感じなかった、作中の言葉で言えばそれこそ「白い結婚」だというイメージが醸成されてしまっていました。誰よりも大切な人であることは間違いないけど、それは人生の伴侶ではない、と。

かといって降って湧いたかのような恋愛感情として違和感を覚えたわけでもなく、確かに読み返してみれば一つ一つの仕草で語ってはいたというあたりに納得せざるを得ないのがまた悔しい。まんまと意図通りに釣られたって感じがして。

構成としては別段珍しくもない、それこそアニメ版のキミキスだとか、true tears だとか、ラノベだととらドラだとか、よくあるものなのに、こうも引っかかってしまったのは遠子先輩との巧妙にして絶妙な距離感にあるのかと思います。三角関係なんて太古からお話を盛り上げる一要素ですから、さっさと匂わせて分かりやすくしてくれるのが常。しかし遠子先輩との距離感、そして美羽の存在がそれを上手く隠してしまった。

なので上巻を読んでいた頃ぐらいは割と本気で、「タイトルにもなる物語上のヒロインと、伴侶としてのヒロインが別人という珍しい作品」なのだと思ってましたよ。

ただ言葉を拾い上げるだけでなく、その裏裏に潜む心理をちゃんと読まないと駄目ですねー…って、ラノベってそこまで行間を読むようなジャンルなんでしたっけ?

まさか竹田さんがラストまで大活躍するキャラだと誰に予想できたんだろう。殆ど陰のヒロインじゃないのかってぐらいに関わるとは。

竹田さんが陰なら、こちらは真ヒロインと言うべき美羽は多少毒気が抜けてもやっぱり良いキャラしてるようで、もうちょっと出番が欲しかった気も。ええ勿論、一番好きなキャラは巡礼者の巻の美羽です。

ななせが報われない、というのは途中の酷い扱いだけじゃなくてトータルでの話だったとは。本当に数少ない普通人なのに報われない。さっぱりとした別れ方でしたけど。

少女漫画っぽい絵、そのイメージ通りの甘さ漂う序盤の雰囲気、フォント変更という安っぽい演出、何よりファミ通文庫というネーミング (今ではエンターブレインのラノベレーベルなのに、まだファミ通のネームバリューにぶら下がる必要あるのか疑問) で、この全編を通した物語のイメージがなかなか抱きにくいのは幸か不幸か。

でもせめて、3 巻までは読んで判断して欲しい作品です。序盤で読むのを放棄してしまうのは勿体ない。

(後で見返して分かることですが) 中弛みしないよう上手く巻を分けてるので、3 巻で少しでも何か感じるものがあれば後はもうどんどん面白くなっていく、はず。

次は短編集かな。

コメントを残す