“文学少女”と恋する挿話集 1

おやつの二つ目前まで。

本編を読み終えたからなのか、本編よりも前の話だからか、こちらの方が感情表現や描写が凄く素直に、ストレートになってるような気がします。

コメントを残す