なりきりバカップル!

智エンド、ひわエンドでコンプ。

メインヒロインを香奈美に据えてそこに割り込む形で他のキャラを配置してるように見えますが、実際のところはオーソドックスなキャラ選択型 ADV と同じです。なので嫉妬だの修羅場だの三角関係だのといった期待される諸要素は皆無。タイトルにあるバカップルな描写でさえ無いに等しい (多分、定義が自分とは異なるのだと思いたい) のが非常に残念です。

粗筋とかによれば呪いの影響で親や教師からも公認の許嫁ってことらしいですが、冒頭で一言そういうセリフが出てきたっきりで、以後は周囲からそれの指摘や冷やかされる気配が全く無いというのは設定を忘れたようにしか思えません。バカップルというなら、そこに力を入れるべきじゃないのかと。

前半は呪いの建前で文字通りキスばかりと言い切れるほどにキスだらけ、徐々に進行はしてもキス以上にはならない健全振りで、この部分だけは高く評価したい。なのに、後半は単純に身体の関係というか回想の消化というかそればっかりのやっつけ仕事に。他のキャラも基本的にはこの構成なので前半部分が終わると途端にやる気がなくなります。

あらいぐま氏の絵は可愛いし、とっかかりとしての設定も悪くないし、もうちょっと磨いてやればいい感じに輝きそうなだけにこのやっつけぶりに惜しいものがあります。磨きすぎるとまんま、天神乱漫になってしまう可能性が大いにありますけど。

よかったところ
前半のキス連発なところは良いです
わるかったところ
ワンパターンなところと、期待した小っ恥ずかしいバカップル分が皆無だったところが何とも残念

なかなか難しいものですよね、と。

コメントを残す