星空のメモリア

7/14 まで。

予想外に面白すぎて、自分の見る目の無さと今までスルーして積んでしまっていた罪深さを痛感します。会話の掛け合いできちんと笑いが取れて、且つテンポを崩さず進行させられるのって相応のセンスが必要だというのにいとも容易く、そして自然にやられてしまうと普通に楽しむしかないわけで。

昔引っ越した土地への帰還、別れた少女との思い出、と要素としては手垢に塗れたものなのに、別れた少女の行方とあからさまに怪しい炉理キャラという気にせざるを得ない餌を常時目の前にぶら下げておくというのは実に上手い。先が気になる面白さを上手く引っ張っています。

コメントを残す