文学少女見習い

アキバへ買い物。

文学少女もラスト 1 冊まで追いついちゃったし、手頃なラノベを適当に見繕おうということで自分の直感を信じて。いかにもラノベって感じのタイトルで、ラノベ慣れしてない身にはどうにも不安が付きまといます。

というだけ予定だったのに何気なく文学少女シリーズの平積みを見てみたら、1 冊だけ見覚えのない表紙が。え、文学少女見習いってこの前の傷心だけじゃなかったの? 前に見たときには並んでなかったはず。じゃなくてピンポイントに品切れしていた?

確かに行きの電車でちょっと読み初めてしまってた傷心は駆け足っぽい前振りだとは思いましたけど、短編集と同じノリだと思えば不自然でもないので本気で気付きませんでした。何か物凄いネタバレを喰らってしまったような……、ここにきてどうしてこんな阿呆なミスをしてしまうんだろう。

コメントを残す