“文学少女”見習いの、初戀

読了。

短編以上、長編未満な中編って感じですかね。1 年と経ってないはずなのに心葉が成長しすぎてはいませんか、という気が。菜乃の視点で進むというのは少女小説っぽいなあと思ってしまいますが短編集で慣らされてしまったのか、この空気に馴染んでしまったのか特に抵抗感無しでした。

どちらかと言えば失恋するお話の方が (希少性の点で) 好きではあるんですけど、さすがにこれは非生産的というか不毛というか、また変わったところを狙うものだと思います。文学少女の見習いってところが主題なのかな。

そして琴吹さんは相変わらず空気な扱いですね。

コメントを残す