“文学少女”見習いの、傷心

読了。

菜乃の立ち位置って何処かで既視感が……と思ってたらそうだ、竹田さんだったか。当の竹田さんはすっかり別方向のキャラになってしまってただけに、空席にぴたりと嵌ってしまったと。

ななせにも出番と呼べる出番が回ってきてようやく、ちょっとすっきりしたように思います。相変わらず酷い扱いですけど。美羽はすっかりギャグキャラになってしまってお労しい。ありそうで無かった気がする、正面からの全身立ち絵がやっと見れたというのに。

文学少女本編を別視点で後追いするかのようなこの雰囲気はやっぱり意図的なものなんですかね。

そして恒例の引き。最後の最後で良い趣味してて待ち遠しい。

コメントを残す