“文学少女”と夢現の旋律

そういえばコミケで CD 買っていたのにすっかり忘れていた。というより、eufonius 目当てで買ってから文学少女を知ったという経緯だったような。

例によってまた未開封のまま積んでいたわけですが、一応の言い訳としてはこういう類はちゃんと原作を読んでから聞く方が味わい深いと水溜まりよりも深い熟慮があったんです。

一通り聞いたところ、やや贔屓目になってる分を差し引いてもイメージ通り、一般販売されてないのは勿体ない。トラックタイトルだけでネタバレって事は無いですが、ちゃんと原作を一読しておく方がよさげなのは予想通り。

コメントを残す