俺の妹がこんなに可愛いわけがない

読了。

途中のオタ描写があまりにも的確で、掻痒感みたいな妙な気持ちになるのはこの種のネタを扱う作品特有の現象だと思います。多分。

が、これってお話としては本当に大したオチも付いて無くて幾ら 1 巻目だからって有りなんだろうかという素朴な疑問が。えろげでいうと、やっと顔見せと小イベントのある共通ルートが終わった頃ぐらいのような。

基本、1 冊で何らかの話が完結しているというスタイルの印象が強いせいなのか、どうも違和感のような変なものが。2 巻目以降買うかはちょっと迷うところです。文学少女の例を出すまでもなく、途中から面白くなるなんてよくある話だし期待したいものなのですが。

コメントを残す