Cross Days

2 周目は「恋破れて」エンド。

「こんな可愛い子が女の子な訳ない」とはよく言ったものですが、まさか 1 シナリオのテーマとして引っ張るとは。巷じゃネタ扱いのルートからの派生エンドだと思うのですが、何だかんだでこのルートは見応えがあります。というより、論ってるのはいつもの祭便乗組だろうに。

勿論、生理的に嫌悪を抱くのはわかります。何せ絡むのは誠だし、それなりに男の娘ネタが好きな自分でもちょっとうーん、に思うとこはありました。が、それに耐えてでも読み進める面白さがあったのが悔しい。

何の躊躇いもなく突然男の娘になったり、驚いてもすぐ受け入れたりする男の娘ではなく、嫌々ながらも受け入れて徐々に……という流れの作り方、それに対する戸惑い、ウザイ誠達の存在、とあまり見かけなかった視点で書いたのはやっぱり悪趣味ネタ大好きなぬまきちらしいなあと。

そして最後に付けた見事なオチ。素直にこれは上手いと感心しましたよ。

3 周目は最後の選択肢を変えて「淫獄」エンド。まあ、ある意味バッドエンドなのか。

4 周目は男の娘へ分岐する手前でロードしてやり直したら「闇に堕ちる」エンドに。路夏と完全に擦れ違うとこうなるよという、これまたバッドエンドか。

シナリオ達成率はまだ 30 % 程度なので、もっと色々な展開があるはずですがシステム的にどうにもやりにくいのと、不安定なのとがあってちょっと手間掛かりそうな感じがします。

コメントを残す