嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん (2) 善意の指針は悪意

かなりの時間をかけてしまいつつやっと読了。

ハッピーエンドでもなければバッドエンドでもない、かといってやるせない鬱エンドでもない、この通り過ぎていくかのような不思議な空気が独特というか割と好きな感じかもしれません。

むしろ見るからに一発ネタだったこれが、不自然さを纏わずに続刊へ繋げられるというのにちょっと驚きましたが。

コメントを残す