Flyable Heart

天音、桜子、結衣の順にエンド。どのルートでもちゃんと、あの謎な伏線めいたネタを使ってくるようですね。別ルートに出てきた伏線を消化してたりするあたりも良い感じです。

お話はかなり意外な事に、やけにドシリアスかと思えばしんみりと、だけど重すぎないという危ういバランスを狙ったものでした。一つ二つのシナリオだけのものではなく、どうやら全体的にこの方向性で纏めようという意志を感じるので、こういう方向性で作られているのでしょう。

安易に重い話は逆に引いてしまうものですが、ただのお涙頂戴系に走らないよう気を付けて纏まってはいるんじゃないかなと。

しかしこれ、最後はどうやって纏めるつもりなんだろう。大体やりたい事は見えてきた気がするけど。

コメントを残す