あまつみそらに!

神奈エンドでコンプ。

お話としては良いんですが、やっぱりこう日常シーンでの引き延ばしが引っかかるなと。勿論ある程度は必要でしょうが、延ばしが長くてシナリオを平坦にしてしまっているような。さくさくとテンポ良く進むお話が好きだからそう感じるのかもしれませんが。

この時間稼ぎ的な引き延ばしは他のシナリオでも見られたので、ボリュームをちょっと多く見せる為なのですかね。こういうキャラ萌えものはもっとシンプルになっても良いと思うのですが。お話の見せ方で、長短に対する印象は幾らでも変えられるものだと思います。

ジャンルとしては微妙に流行気味な神様同居もの。ただし祠とか社とかを壊すイベントは無し。新興とはいえ、ややネタが出尽くされ始めたものだけに被らないようなキャラに仕立てているのは良いです。

キャラ萌えとある程度のエロを頑張ってみた「クロシェットらしい」作品で、及第点は取れてますがそこから一歩抜きんでようと思うならそろそろ一工夫が必要かなと。

美唯は何気に期待したんですが、あまりに直球狙いすぎだったのとシナリオが平坦すぎたのとで琴線に触れるものが無かったのが残念。むしろピンクが意外に可愛くて困りました。犬っぽく一途に依存してくるキャラに弱いのは今さらですが。

声優陣はどうしようかと困るぐらいの安定組なこともあって、いわゆるキャラ萌えものとしては充分に及第点。だからこそそれだけじゃ物足りない、と思うと弱いのですが。

何気に電撃姫の連載企画を収録してくれたのは良い配慮。

千紗シナリオ中で、何故か主人公のモノローグに於ける男性器の呼称が不統一という妙なテキストになってるのがやけに気になりましたが、コピペ編集でもしたんだろうということで納得しておきます。

よかったところ
キャラ萌えゲーとしては水準並みか以上か
わるかったところ
展開がちょっと平坦気味

良くも悪くもクロシェットの無難な作品って事です。

コメントを残す