Daily Archives: 2010/09/26

恋と選挙とチョコレート 体験版

せっかく貰ったんだしということで、軽く序盤だけ。

どうやらシステム含めての体験版のようで、Director で組まれているようです。そのせいかフルスクリーン切替は機能無効。

声とイメージのギャップでちょっと戸惑っていますが、概ね慣れの問題かなと。立ち絵のパターンが少なく、表情差分頼りなのは体験版仕様なのか製品版も同様なのかは気になるところ。

ヴァルプルギス

亞璃絵エンド。触手まだー? という感じでやってたので先にバッドエンド行こうと思ったのに普通にハッピーエンドなのはちょっと意外。まあ選択肢一つで分かれるだけですが。

お話はまあ、この手のものにありがちな程よい長さ。内容についてはお察しなので以下略。

今回はバッドエンドルートの方に凌辱色の強いものを押し込む構成としたようで、まあ普通にこっちがメインだよなあという感じがひしひしと。亞璃絵ルートだからなのか、触手よりも人型の異形相手の方が多いような気がするのはちょっと意外でした、というか話が違う。

別ブランドでの前作同様、快楽系描写のノーマルとひぎぃ系描写のハードの 2 パターンで、前回での問題だった尺の短さは改善されていました。が、貫通や腹ボコはいつも通りとしても酸で溶解とか微妙にレベル高すぎませんかね。濁音系の嬌声……じゃなくて絶叫多めで声優さんも大変そうですし。

シュタインズ・ゲート

実績を回収して遂にコンプ。長い道程でした。そういえばコスプレパッチは結局当ててませんね。どうしよう。

本作について再度、ちょこっと考えてみましたが、こっち方面の作品でここまで SF 風味 (風味なのがポイント) を効かせた作品ってのは少ない気がします。便利なファンタジー系アイテムでやるか、SF チックな設定を積み重ねてやるか、の違いですが作風としてはやはり別物になるわけで。

トゥルーエンドに至るまでの終盤の過程とか、本作ならではの重みがあって楽しめたのは事実です。

Bookmark

山形・東根市立さくらんぼ小:新校名「大森小」 「アダルトサイトと同名」で

わざわざぐぐって調べまくるというのも何か違う気がしますが