シュタインズ・ゲート

実績を回収して遂にコンプ。長い道程でした。そういえばコスプレパッチは結局当ててませんね。どうしよう。

本作について再度、ちょこっと考えてみましたが、こっち方面の作品でここまで SF 風味 (風味なのがポイント) を効かせた作品ってのは少ない気がします。便利なファンタジー系アイテムでやるか、SF チックな設定を積み重ねてやるか、の違いですが作風としてはやはり別物になるわけで。

トゥルーエンドに至るまでの終盤の過程とか、本作ならではの重みがあって楽しめたのは事実です。

コメントを残す