恋と選挙とチョコレート

未散エンド、衣更エンドでコンプ。

未散はえろげじゃたまに見かけるお話、いわゆる定番どころ。話を大きくし過ぎてるようにも感じるものの (そもそもの設定からして色々と外れてるけど) 千里のことも綺麗に片付けてるし、有りかなと。

衣更は意外にも、一番「選挙」という意味では面白いものでした。他ルートでは話が進むにつれて、選挙の扱いがオマケや舞台背景的で軽く見えていましたがこちらはちゃんと選挙そのものを絡めたお話。何が何でも選挙を絡めようとしてもまた難しくなるので、1 シナリオだけに限定したというのは理解の範疇です。

以下、全体的な感想で。微妙にネタバレあるかもしれません。

選挙とか政権交代とか、ある意味で時事ネタっぽくもありますけど基本的には選挙活動中に女の子とちゅっちゅするお話です。ならばそのちゅっちゅの内容がお話にもなるわけですが、ここは下手な背伸びも無理もせず、無難に抑えるべきところを抑えてます。

無難というと平々凡々のフォーマット通りの作品にも聞こえますが、案外そのフォーマット通りに作ってきちんと纏めるというのは難しいものです。お決まりのネタというのはアラやゴミが残らないよう、磨きを重ねてやっと本来の輝きが出るのですから。

特筆すべき点としては、千里という幼馴染みの存在を全編通じて置いているところに好感が持てます。その重さに多少の揺れはあっても、ちゃんと千里を振るという儀式を全てのシナリオで描いているのは非常に良い。

設定面でやけに無茶してるように感じますが、スケールを大きくした方が風呂敷も大きくできるという考えもありますし、ギリギリで許容範囲内と。ただせめて、もう少し突き詰めた説明とか背景とか有った方が超展開的な印象が薄れる気がします。

全ルート見ないと開放されない Extra 、いわゆるオマケモードですが、やけに変な仕様です。CG モードの差分サムネイル表示はまだわかりますけど、BGM モードで曲名表記一切無し、しかもボーカル曲は OP/ED 含めて一つも聞けない、ムービーを見ることもできない。セレンだから、といわれたら納得せざるを得ないですがもう少しサービス精神が欲しいです。

システムはやはり Director のようですが、必要最低限で揃っているというところですね。特に大きな不満はないですが、タイトル画面に戻る度に字幕から表示されるのはカットして欲しいところ。あとスキップ時はアイキャッチも高速で飛ばして欲しいです。

  • よかったところ
    • 物を言う幼馴染みは可愛いですね
  • わるかったところ
    • 学園の設定が色々大きい割に、説明が少ないのでわかりにくいところが

ビッグウェーブとか散々ネタにしましたが、思いの外面白かったというところです。大きく抜きんでているとまでは言えないので、無難に及第点を取ったかなという感じ。

ところで、5 本買って集めたキャラソン入れてもボーカル曲が足りないと思うんですがやっぱりサントラ待ちですか?

コメントを残す