失われた未来を求めて

ざっと纏め。この手の作品の性質上、やや踏み入った書き方になってしまいがちなのでネタバレ注意と。

事前の下馬評通り、実にタイトル通りなお話です。タイトルが作品を語っているので、あとはどれだけ途中の悪足掻きを魅力的に、そして飽きさせずに走らせるかが面白くなるかそうでなくなるかの分かれ目だと思います。

あとで振り返ってみると確かに足掻いている積み重ねであることはわかりますが、プレー中はどうしても中弛みを感じます。足掻いているはずなのに、あっさりと個別エンドに流れてしまえるという拍子抜け振り、また大筋の流れとしては大差がないあたりが悪く作用しています。

さらに、断片的にしかヒントをくれないので「何となくそういう話なんだ」という考えで進めなければならないのもややストレスになりますね。

素直に見事なゆかり教育です本当にありがとうございましたと言ってしまってもいいのですが、本筋に当たるお話の部分については決して嫌いな話ではないので惜しいなと。中弛みを抑えるよう、途中途中でもう少しヒントなりイレギュラーな要素なりを入れてかき混ぜても良かったと思います。

せっかく、安定した声優陣で演じられる魅力的なキャラクタと肉感的で実に良い感じな CG があるのですから多少の無理はできたでしょうに、と。

一通りのお話は好きとしても、ちょっと腑に落ちないものがあるのは伏線らしきものとして出ていたのに、それに対する回答が全く無いところでしょうか。もちろん敢えて明示する必要ないものもありますけど、さすがにそれだと説明不足が過ぎると言いますかご都合主義過ぎると言いますか。割と重要そうな部分だけに、フォローが欲しかったところです。

あと何気にマニュアルにはさらっと書かれてますが、二周目以降でスキップ可能なプロローグ部分は各ルートに合わせて、一部にちゃんと差分があります。差分がある以上、スキップ可能には正直して欲しくはないのですがそんな些細な差分なんて気にしないって人もいるのでしょうし、マニュアルで記載したのが妥協点というやつなのでしょうか。あの差分は何気に重要だと思うのに。

そういえば OP ムービーでは平然と、雑誌等の版権イラスト CG が幾つか使われています。当然、本編中に出てくる CG と区別が全くつかないのでそれなりに気を付けた方がいいかもしれません。

  • よかったところ
    • 主人公が無駄に格好良いのも含めて、絵と声の魅力は大きいなと
  • わるかったところ
    • ご都合主義でないのなら、もう少し説明的なものか新ネタが欲しいところですね

キャラは良いし、絵は綺麗だし、期待分は楽しめたかなと。昔からよくあるお話だけに、ちょっと粗は目立ちます。

コメントを残す