PiTaPaのいまいち感

PiTaPa とiD が届いて、やっと関西でも快適現金無し生活の基盤ができました。

iD が欲しかったのでクレカ付きにしてしまいましたが、よくよく考えてみると普通の PiTaPa の方が良かったような気も。

というのも、いわゆる維持費負担を避けるために PiTaPa もクレカも年一回以上の利用が必要になりますが、クレカは全国津々浦々で使えるのに対して PiTaPa は現状関西エリアのみ。つまり関西を離れたらもう使えないってことですね。一応、2013 年以降に Suica 等との互換を取る計画はあるようですが何処までアテになるのやら。

エリアはまだしも、どうにも PiTaPa のいまいちさが抜けないのはその微妙な使い勝手ですね。ポストペイということで一見、便利なようにも見えますが結果的には不便になっています。

ポストペイのメリットとしてあげられる、月締めを利用した回数割引や区間割引といったサービスは参加事業者の判断で利用可否が決まるため、全事業者で共通して利用できるわけでは無いようです。

じゃあ普通に電子マネーとしてと思っても、実は PiTaPa では切符が買えません。ここが Suica のような文字通りの財布代わりとは微妙に違うところです。

それなら IC 定期券としてと思っても、やはり全事業者が同じ考えを持っているわけではないので事業者によっては IC 定期が無かったりします。何せ市営地下鉄が IC 定期を導入せず利用額割引で代替するという判断をしているのですから、統一感も何もあったものじゃない。ちなみに大阪市交通局のクレカ付き PiTaPa だと定期情報を書き込むエリアが用意されていないので、他事業者の IC 定期にすることさえできません。

それなら、と JR 西の ICOCA を使う人も関西には多いようですがこれはこれでいまいちです。何せ ICOCA は改札でオートチャージできません。事前にチャージ機でクイックチャージと称するチャージが必要になります。

PiTaPa なら JR 西以外の PiTaPa エリア改札で ICOCA エリアを利用するためのオートチャージが可能のようですが、当然ながらチャージ分は ICOCA 利用専用になり PiTaPa 決済には別勘定です。仕組みを考えれば分かりますが、何というかもっとシンプルにできないものかと。

機能は豊富なのにこうも微妙さが漂っていると、Suica と PASMO のシンプルさには一応、意味があったんだと実感しますね。

ちなみに PiTaPa は Suica と相性がよろしくないらしく、IC カード対応改札では Suica を検知して弾いてくれます。

コメントを残す