リトルバスターズ! エクスタシー

どちらかといえば備忘録的にまとめ。

前半の日常描写をミニゲームで補うというスタイルは楽しめるかどうかなのでしょう。単純なバッティングと武器を適当に選ぶだけの自動進行バトルランキング、あとはイベント毎に幾つかというもので、イベント毎の単発になる後者はともかく毎日付き合うことになる前者の方は楽しめないと苦痛になります。

ミニゲームのオンオフで特に大きな違いが出るわけでも内容なので、さっさと見切りを付けて耐えられないと判断したらオフにするのが正解。シナリオ構成上とフラグの都合で何周もする必要があるので、リプレイでどうせオフにすることを考えると早めにやった方が得です。ちなみにオンからオフに切り替えると当然、その部分で未読扱いのテキストが入るので既読スキップが止まります。

沙耶ルートの方は目的意識があるだけまだマシでしたが、これも単純故にちょっと後半で邪魔に思えてきたりも。沙耶のツッコミテキストもあるし、オマケ的なエンドのために一応オンでやっても良いかなと。

CLANNAD 並に複雑なフラグ管理をしてくれてるようなので、ちょっとしたフラグ違いで一言二言、もしくはそれ以上のテキスト差分があります。これもキャラが好きなら頑張って程々に読む感じで。といっても自分はクドのルームメイト違いで進めたぐらいですが。

お話は、後半になるといつもの鍵ゲー節……だと思いますが、色々手を伸ばすというのか手広く色んなネタに手を出したような感じが。カラー的に、ああいうネタはあまり書かないんじゃ無いのかというイメージがあったからかもしれませんが。

お話の好みだと沙耶、佳奈多、美魚ってあたりですか。沙耶はまさか、追加キャラなのに力入れてくるとは思わなかったこともあってやっぱり好きですね。

逆に鈴のイメージがどうにも薄いのが困ります。もちろん存在感はちゃんとあるのだけど、どちらかというと恭介たち男キャラと同じ意味での存在感で、メインヒロインなのにそのイメージはどうなんだという微妙な違和感みたいなのが。

  • よかったところ
    • いつもの鍵ゲーってことで。鍵のイメージっぽく無いネタにも手を出していたような感じがします
  • わるかったところ
    • 前半のミニゲームと日常シーンがどうにも。あとイベント回収で何周もする構造は、もうちょっとすっきりさせる工夫があっても良いような

予想以上に手間と時間を食われましたがそれだけのことはあったかなと。敢えてこの世界観を、鍵がお話に使った意味は何気に大きいように思ったりします。次作ではどうやって奇跡を起こすんでしょうかね。

コメントを残す