恋ではなく

コンプ。本当はこのルートがやりたかったんだよねと言いたくなるほどタイトル通り、そして今までのは何だったんだっけというような。一応はハッピーエンドというのもちょっと意外でしたが。

最後のルートが一番面白いというのはつまり、最後のが本当の本編だったということでもあるんですよね。

特典冊子もざっと読み終わり。特典もののよくある冊子としては普通でした。本編からの再録ネタとか、ラフ集と言いつつ収録数がさしてないとか、ちょっとどうかと思うけど特典ものとしてみれば本当によくある内容なだけで。むしろ読み物として楽しめる 8 月の特典資料集が普通じゃないということを改めて実感。

コメントを残す