キミとボクとエデンの林檎

諸般の事情でブランドデビュー作がそのまま遺作になってしまいそうなのが残念ですが、久方振りの期待できそうな女装主人公ものということで。

琴音エンドと琉奈エンドまで。なるほど、下手に広げすぎないというバランスを考えるとこのあたりが丁度良いのかな。特に大きな何かだけがお話のエッセンスでは無いと言うことで。

男の娘的に欲しいシーンは概ねカバーしているというか、むしろ主人公ボイスがないという最大の問題以外は目立つ不満は無し。ちゃんと制服姿のままで、とか本当によくわかってると思います。もちろんそんな簡単なことさえわかってない、流行に乗っただけのものの方が問題なのですけども。

コメントを残す