Rewrite

ルチアエンド。

竜騎士な人のシナリオの特徴を一切抑えること無く、好きに書いているという意味では思い切りが良くて気持ちいいと言えなくもないです。が、あのテキストが苦手だとやはり辛いものがあります。

多用しすぎる三点リーダ、変わりすぎている主人公含めたキャラの性格や言動、「ぼくのかんがえたひみつきかん」っぽい陰謀、冗長な説明台詞といった、うみねこやひぐらしで存分に奮われた要素が山盛りです。

お話そのものはそれほど毛嫌いはしてないのですが。

コメントを残す