Daily Archives: 2011/07/13

久遠の絆 -THE ORIGIN-

設定資料集のショートストーリーもようやく読み終わり。もっとこう、萌えるようなのをちょろっと期待したのですが違いました。

とりあえずさらっとまとめ。

ちょっと期待しすぎたのかリメイクだからなのか、残念なところがどうしても目に付きます。平安編と神代編については好きなネタだしボリューム的にも十分で良かったのですが、元禄編と昭和編がどうもその良さを上手く引き継いでくれていません。

単純に長短の話だけで無く、もっとこう、悲恋的な雰囲気のお話かなあと思ってただけに何のための話だったかという点で弱いというか。一応、現代編も終盤でヒロイン毎に分岐していたようですが特に明確に個別ルートと言えるほどのものは無いし。

記紀神話ネタだけなら別段珍しくも無いですが、そこから止ん事無い方面に連なるところまでネタにしたのはなかなか見られないものです。そりゃ PS 版じゃ使えないお話ですよねー、と思いますけど落とし所が勿体ないというのか、コンセプト先行でエンタテイメント的な要素まで手が回らなかったようなものを感じます。

あと何気に辛いのが、テキストの会話センスがどうも古くて、さすが 10 年前なものを感じるあたりでしょうか。さらに「どどーん」とか「ズパーン」なんて脱力感漂うオノマトペも織り交ぜられてるのも辛い。

システム的な面では、謎の五芒星をお絵かきする戦闘シーンが申し訳程度に再現というか挿入されています。スキップ不可なので面倒でも一筆書きしてやらなきゃなりません。何でこういう妙なところは原作から持ってくるんでしょう。

あと環境設定で非アクティブ動作可能にしても、キー入力やマウスクリックに反応してスキップが止まったりします。正直これはバグだと思うというか、ザウスってここまで酷いエンジンを使ってたりしなかったと思うけど何処から持ってきたんだろう。

CG はどうしても旧作使い回しと新規が一目見れば分かる程度に違いがはっきりしてます。流用は一種のファンサービスなのかもしれませんが、こうも違いがあると違和感が大きいのでもうちょっと絵を合わせるかいっそカットしてしまった方が良かったのでは。むしろ旧作のベタ移植同梱の方が有り難かったような。

  • よかったところ
    • 平安編は面白かったのですが
  • わるかったところ
    • 非アクティブでスキップ放置できないシステムが一番辛い

いわゆる和風伝奇ものとしてはある意味正統派に近いようにも思いますが、神話方面に偏り過ぎな感じもします。むしろ概ね評判が良い旧作の方に興味が出てきます。

Bookmark 2011/07/13

「ん」で終わりじゃない!? 知る人ぞ知るしりとりの裏技

そもそも何故、「ん」で終わりというルールが出てきたんだろうと。