天使の羽根を踏まないでっ

夏日姉妹エンド、ひかるさんエンド、空ちゃんエンド、グランドエンドでコンプ。

月の方では女装主人公とか何だっけ? というノリで完全に放置されていたのに、太陽の方ではちゃんと思い出してくれていたようです。とはいえそれでも、女装主人公とかちょっとしたネタというか気を引くための餌みたいなもので。

こじつけに近い言葉遊び、その在り方や意味を問う神様ネタといった、お朱門ちゃんシナリオで好きな要素は今回もちゃんと健在で満足できるものでした。贔屓目なのは自覚してますが、好きな雰囲気や好きなキャラがいるとやっぱりこうなりますね。

コメントを残す