Daily Archives: 2011/09/18

いろとりどりのセカイ

まとめも兼ねるのでややネタバレ注意と。

8 時間かけて真紅エンドでコンプ。殆どがネタバレ解説みたいなノリでしたが、それでもやっぱり冗長に感じるところが多いですね。テンポの保ち方というのか、息継ぎの仕方が上手くないというのか。

とはいえ最後の方は良い感じに流れましたし、何よりこの種のその他ヒロイン達を踏み台にしてしまうシナリオ構成を取りつつも他ヒロインの存在をちゃんと覚えているところは素直に上手いと思います。

手酷く振るわけでも、無かったことにしてしまうわけでも無く、他の世界線を否定しないというところが上手いというのかな。メタ的な世界観を上手く利用した描き方もあるのでしょうけど。

噂には聞いてましたが、本当に真紅シナリオで大化けという感じ。真紅シナリオで本気を出しすぎてると言うより、真紅シナリオがメインそのものという良くも悪くも一点突破型な作品です。

このタイプは最後のヒロインを勿体ぶりすぎて印象やキャラが希薄になるというケースもあり実際そこを懸念してましたが、描け無かった時間は取り戻せば良いとばかりに全部押し込んできたのが勝利の鍵だったと認めましょう。最初の出会いについて、あるのと無いのとでは大違いです。

使われているネタや展開自体は既視感のある定番どころですが、世界観や設定、その組み合わせといったところで味を出せたのかなと。逆に言うと、それら世界観や設定を存分に使い切れない他のキャラのルートはやや平凡に過ぎて力を出し切れてなかったようにも。ネタやヒントを分散させにくいところはあると思うのですが、あまりにも真紅ルートだけが突出しすぎていてバランスが悪く見えます。

あと癖なのか意図なのか、もうちょっと話の圧縮や取捨選択が欲しい。共通ルートの無駄な長ったらしさ、核心に至る話をしてる中で敢えて挟む小休止、演出的効果も考えているとしてもかえって悪く作用してるように感じました。

それにしても真紅って、立ち絵でも単体が基本だから気付かなかったけど並ぶとかなり低め、しかもイベント CG はかなり幼めなんですね……。

  • よかったところ
    • どうしても抱いてしまう、他ヒロインの踏み台感を緩和させたのは素直に上手いです
  • わるかったところ
    • 共通長いです、しかも話のテンポがどうも気を引いてくれないので寝落ち率高いです

共通でめげず、最後まで付き合う気力があるなら比較的良作なのでは。真紅以外のルートは実際のところスキップしまくっても問題なさげですがそれはできれば止めてあげて下さい。鏡と澪と蓮と白さんは可愛いし。

Bookmark 2011/09/18

TGS2011:史上もっともにぎわった東京ゲームショウ2011、過去最高の22万2668人を記録

何はともあれ、増えたってことはきっと良いこと。