翠の海

先月末の密かな注目作とみてましたが、予想に違わずなかなか面白いです。遂にワゴン常連を脱出でしょうか。

一周目で約 8 時間程度、途中の選択肢で樹形図上に展開していく比較的珍しくなってしまった構成で、分岐した先も長くは無いのでサクサクとエンドを潰していって真相に迫るタイプです。

一種のミステリー仕立てかとも思いましたが、案外ネタ晴らしは速い上にあっさりしてるのでお話のメインはまた別にあるようで。

エンドは、X.永遠の楽園、XIV.必要な人間、XI.赤い塔、I.青い鳥のため、XII.幸せのため、VIII.解けない魔法、IX.幸せの茨道まで。ハッピーエンドからバッドエンドまで取りそろえてくれてるのはやっぱり楽しいですね。

コメントを残す