恋愛0キロメートル

ざっとまとめ。

前作のアチ恋は巷で聞くほど面白いとも思えなかったし、ギャグもちょっと……って感じだったので笑えると聞いてもあまり期待はしてませんでした。事前に小耳に挟んだ顔芸も正直、絵で笑わすんじゃなくて会話の掛け合いで笑わすのが本来のギャグでしょうに、と良い感想は抱けませんでしたし。

が、恋 0 はやり始めると不思議と面白い。主人公がツッコミに回るギャグそのものはそれほど面白いという程でも無いのに、ボケるキャラ達とのテンポの良い掛け合い、またそこから作られる雰囲気が面白い。雰囲気に飲まれて、姉妹を学園に在籍させる都合上 4 年制にするのはどうなんだろとかすぐ気にならなくなりました。

もちろん合う合わないはありますが、男キャラのボイスが気にならなくなる程度に楽しめてればほぼ全編楽しめる程に、このノリは一貫しています。

個別の話自体は特段に面白いと言うほどではありませんが、ただのやっつけシナリオという程手抜きでも無く、「ちょっぴりシリアス」のちょっぴりさと終始一貫して挟まれるギャグのノリが絶妙に噛み合って、話もギャグも楽しめるところに落ち着いたのだと思います。

特に咲耶シナリオはこのバランスが非常に良く、テンプレツンデレヒロインキャラにあるまじき面白さでした。

あと単純な好みとして、姉妹間の確執というか付けるべきケジメのシーンとか、軽いものではあるのだけどそういうのを咲耶以外のシナリオでも扱ってるところは好印象。

個別ルートは長く見ても 4 時間と最近の作品にしてはやや短めと思われるボリュームですが、先述のノリとテンポの良さを勘案するとこれで丁度良いと言うべきです。ぐだぐだしない内にさっさとまとめて切り上げる取捨選択ができるのは良いことです。

  • よかったところ
    • 全体として面白い雰囲気がよく出ています
  • わるかったところ
    • 乃来亜ルートはもうちょっとギャグ成分が欲しかったかなと

よくある家族ネタ作品みたいなテイストも無くは無いですが、そこまで真面目に取り扱ってたりはしないのでやはり普通にギャグゲーと見て良いかと。肌に合うギャグであれば終始楽しめます。

どうでもいいですが、実咲と咲耶って双子と言われても双子という気がしないキャラデザになってますね。

コメントを残す