乙女が紡ぐ恋のキャンバス

2 周目は紫月エンド。

頑張ろうとしているのはそれとなくわかる……気がするのだけど、女装主人公である必要性も関係性も殆ど皆無と言ってしまえるのが痛いところ。いちゃいちゃ三角関係がもうちょっと盛り上がれば餌になるというのに、予想外に盛り上がらない。

このルートだと、というか怜奈ルート以外だと怜奈の言動が空回っていて見ていて痛々しい気がするのはどうしたものですかね。

体験版の時点から感じていた、ルート毎にキャラが別人のように見えてしまう問題は健在です。というのも OP 前の選択肢だけでルートが決まり、登校初日から分岐してしまいます。キャラを確定させるはずの序盤から、主人公に対する好意の強弱が如実に出てしまうからルート毎で別人のように見えると。

素直にもう、ルート毎に別物だと割り切り、ちっともお嬢っぽくない日常生活とか、言動のおかしさとか、細かいツッコミをしたくなる気持ちを抑えて寛大な気持ちでプレーできればそれなりに面白いとは思うのですが。

3 周目はエロ担当にしか見えないアナスタシア先輩で。

コメントを残す