Daily Archives: 2012/06/25

ReaderからSylfeedへの道(2)

ReaderからSylfeedへの道(1)の続き。

Sylfeed 最大の難関はその設定です。設定次第で使い勝手が大きく変わってしまうので重要、なのにその設定がわかりにくいという困りもの。

機能の説明とかはもうあちこちで見てきたので、とりあえずそれを実現するための設定教えてくださいと Google 先生に聞いてみたらちゃんとありました。基本的な設定については、My神アプリSylfeedの設定を公開しますヽ(´ー`)ノを参照で良いと思います。非常に有り難いですね。Sylfeed 特有の操作を解説した動画も参考になります。というかこんな動画あったことすら知らなかったわけで。

が、これら設定をしてもやっぱり基本的な操作方法が分からないと使いようがありません。油断するといつの間にか意図しない画面になってたりします。

これはじっくりあれこれ操作してみてやっとわかりましたが、じっくり操作せずさらっと直感的に使おうとするとかなり難しいです。

ということで以下、気の付いたところを。

最低限、覚える基本操作

画面下の真ん中にある、未読数を丸で囲ったボタンが「未読ボタン」で、一番多用する場所になります。記事リスト画面でタップすれば古い記事から表示、記事表示画面でタップすれば次の記事へ、二回タップすれば前の記事へ。

ツールバージェスチャーのツールバーは画面下のこと

あれってツールバーだったんだ…という気がしなくもないですが。

モードの切り替え

記事リスト一覧の画面で上に並ぶ、●、★、虫眼鏡、RSS ロゴ、時計アイコン。●以外は直感的に理解できますね。
Sylfeed記事リスト画面
一応書くと、★は「スターを付けたアイテム」、虫眼鏡は検索、RSS ロゴはフィード単位と日付毎の表示切り替え、時計アイコンは表示順序の切替。

さらに右端の謎のボタンは、日付毎のインデックス表示です。

未読モードという概念

●は「未読の記事のみを表示するモード」と「既読の記事のみを表示するモード」の切替です。

未読の記事はフォントが太字、さらに左端に○がついているのでぱっと見でもすぐわかります。その○をタップすると既読扱いに。

ちなみにこの未読か既読かのモードはフォルダリストの画面にもあります。


なので状況によってはこのようにモードの違いでフォルダ表示に違いがでます。これはかなり後に気付きました。思い込みは怖いですね。

未読管理、画像の先読み設定はフォルダ毎よりフィード毎

いまいち自信の無いところですが。

未読管理と画像の先読み設定はこのようにフォルダ単位、もしくはフィード単位で設定が可能です。このようにフォルダで設定すると、そのフォルダ内のフィードは設定を引き継ぎます。

この状態で未読管理にチェックを入れると、そのフィードだけ未読管理を有効にできるのは当たり前。問題は、この状態で画像の先読みのチェックをタップしてもチェックは外れません (灰色のチェックが黒字になるだけで設定自体には変更がない) 。

フォルダ単位で「必ず全て読みたいフィード」と「適当に読み流すフィード」を明確に分けているなら特に困りませんが、両者が入り交じっている場合はフォルダ単位でまとめて未読管理を有効にするのは得策とは言えません。

未読管理を有効にするといつまでも残り続ける

設定画面の説明にも書いていましたが既読にするまで続けます。なのでやはりフォルダ分けしていないならフィード単位で設定しておいた方が無難です。

とりあえずこのぐらいを覚えて、ようやく使えるようにはなりました。となると次のステップはアドオン購入。アドオンで使える、後で読む機能を使ってやっと Sylfeed の本領発揮という感じなので値上げしてでも最初から搭載しておいた方がいいんじゃないかと思うほどに便利です。

多分続く。

Bookmark 2012/06/25

ClariS初のオフィシャルブックがねんどろいどぷち付きで発売決定

要するにねんぷちを売りたいだけじゃあ。