イモウトノカタチ

千毬エンド。

これはまた……何と言えば良いのか。結局のところ、最後まで主人公と千毬は決定的なところで擦れ違っていたと思うのだけどこれはいいの?

しかも最後のオチに繋ぐ言葉がよりによってあれだけって。お涙頂戴展開というわけでもないし、どうしたらあれで心変わりできるのかわからないよ。

コメントを残す