夏空のペルセウス(2)

2 周目はあやめエンド。あまり注目していなかったというのか、共通部でもあまり絡まないキャラのせいかよくわからない位置に居たので。

という経緯のためお話の予想が全く付かなかったこともあり、またもや自分好みなお話になってくれて大変素晴らしい。やはり話を拡散させすぎないよう、かなり絞ってまとめてる感じはしますが恋たんの時よりも流れが綺麗に纏まってる感じがします。

3 周目は、わかりやすい傷があるようでいて全く無さそうな意味で唯一まともそうに見える翠エンド。どの方向で攻めるのかと思ったけどこう来ましたかと。良い子ですね、印象通りに。

毒というのか棘というのか、何処かに刺さるお話というのはどうしても好みが分かれ、リターンは大きいかもしれないがリスクが高い、無難な王道路線カラーとは合わない、とかで 1 作品に 1 つあれば良い方です。が、夏ペルはえらくここを攻めてくるなぁと。

とはいえ本格的に重く深くやろうという方向でも無く、やけに増量したエロ成分で若干緩和しつつ痛みに纏わるお話と。こういう作風で 1 本作れてしまえるのは良いことだと思います。

コメントを残す