大図書館の羊飼い(12)

虚ノ少女の割り込みで最後に残していた、玉藻エンドで個別シナリオについては終了。

ちょっと間が空いてしまったにもかかわらず、プレーしてるとすぐに入っていけるこの感じはやっぱり作りが上手いと感心すべきところですね。

あわせてトゥルーエンドのルートの方も消化してますが、個別シナリオでネタとなる内容をどうやって乗り越えたのかというあたりが誤魔化されてるなあと改めて。一種のハーレムルートとして楽しめるのは事実なのですけども。

コメントを残す