設定を覚えてくれないWin8のタスクマネージャ

Win8 にして以来、何気に気になっているのがタスクマネージャのカスタマイズ設定。カラムとかウィンドウ位置を覚えさせても、BSoD 等で OS ごと落ちると必ず初期化されてしまいます。Win7 以前はタスクマネージャ起動中に OS が落ちてもカスタマイズ設定はそのまま有効だったのですが。

カスタマイズ設定は恐らくレジストリの何処かに書き込んでいると思われるので、Sysinternals の Process Monitor でトレースしてやります。Process Name に TaskMnager.exe 、Path を Task でフィルタしてタスクマネージャを起動してみるとこの通り。

Process Monitor ウィンドウ

HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\TaskManager\Preferences がカスタマイズ設定を記憶しているキーのようですが起動時に読み込み後、何故か削除 (RegDeleteValue) され、終了する際に書き込むという動作をしています。

確かにこれでは、タスクマネージャ起動中に落ちてしまったら設定値がクリアされてるので次は初期設定で立ち上がりますよね。ってアホですか。

Win7 からのアップデートによる事象かとも疑いましたが、どうやら他環境でも同様に当該キーを消すらしいので仕様変更かバグなのでしょう。

消そうとするなら消せないようにすればいいわけで、起動ユーザとグループについて当該キーのアクセス権から削除のチェックを外してやることで解決。

コメントを残す