艦これ続けました

ようやく軽巡拾えて徐々に楽しくなってくる辺り。1-2 の重巡こわい。

単純に比較出来るものでは無いですし、何より一方を讃えるために他方を貶める意図も無いですが、やはりどうしても感覚として直近までやっていた某ソーシャルゲームとの違いで、面白さを感じてしまう一面はありますね。

まず、プレーヤが一切介在出来ない運否天賦のみのクソガチャが無い。艦の建造や装備の開発が事実上ガチャにあたるものといえますが、プレーヤが 4 つの要素を組み合わせることで確率を操作することができるという、たったこれだけのことが精神衛生上では大きな違いになります。

課金の不要性。そもそも課金要素が薄く、時間さえ気にしなければ課金するほど資材が必要そうには今のところ見えません。早々に時間的ストレスを与えて、課金への誘導をいつでも何処でも図ろうとするソシャゲ界隈に比べて、この辺は極めてやる気なし。

レアリティの概念の違い。確かに艦種によって強弱はあるし、出にくい艦や出やすい艦はあるようですが、得意不得意や燃費に差を設定することで強弱が単純なレアリティ順になることを避けてるように見えます。

ソーシャル要素が極めて希薄。だからソシャゲーじゃなくてブラウザゲーだってば、の一言で終わる話ですが、ソーシャル的な要素が皆無であることがまた一つの癒やしになってることは事実かと。

そして最後になってしまいましたが、単純にゲームとして面白い。戦闘自体はオートバトルで進行方向すら選べないものの、昼の戦闘終了後に追撃するか?、全ての戦闘終了後は撤退するか? という選択肢と、次の戦闘で攻撃を受けると轟沈する可能性があるというロスト要素が上手く適度な緊張感を出してくれます。育成すればするほどロストは避けたいが先にも進みたいという心理も相まって、単純な選択肢のくせに思った以上に効果的です。

今後、どのような方向性で運営していくのかは誰にもわかりませんが、この持ち味を無くさないままでいてくれればと。

コメントを残す