乙女理論とその周辺 (11)

釣り乙アフターの緩しゅーる、瑞穂、みなとんまでで一通り終わり。

スイスの人は可も無く不可もなし、この緩さが本編同様で緩しゅーるっぽくて良いです。

瑞穂は無理矢理感のある本編の印象が強いせいか、朝日ちゃんの言動含めて世界観レベルで違和感がどうにも付きまといます。絵はおとりろで随分垢抜けた感があったけど、昔のキャラだと印象を引っ張られるのかいつもの御大ですね。

みなとんは本編どんな話だったか真剣に覚えてなかったのも原因だと思いますけど、瑞穂の上を行く凄まじい違和感が…… 衣遠兄様が既に別人というか何処から突っ込めば良いのかという。

コメントを残す