催眠演舞 (3)

まずは香具耶エンド。

あ、あれ? 確かに催眠術ではあるのだけど、こういうジャンルのお話で良いんだっけ、みたいな違和感。あまり無茶なことはしてないというのか、主人公含めて妙に向上心に溢れていて「催眠術による復讐ゲー」みたいな想像してると肩透かし感がありますね。順風満帆すぎるのは良いとしても、何か足りないような……と思ったらそうか、輪姦やら乱交的な要素が無かったのか。

確かに直接関係するものでもないし必然性もないのだけど、催眠術を生かしたシチュエーションの極地というか象徴というか。最後にあるのかも知れないけど、個別ルートの時点でそういうのは入れないってことにしてるのかなーと。

コメントを残す