Windows 8.1 アップグレードは止まらない

8.1 へのアップグレードはバックグラウンドで 1 時間ちょっとかけてできたものの、適用後の再起動を促すダイアログは回避不可能で 15分後には強制的に再起動って、よく読んでない自分も悪いけどせめて選ばせてくれませんかね。しかもその後は初期設定で 30 分以上かかるようですし。

ざっと使ってみた限り、細かい使い勝手が良くなっていて入れて損は無いかなと。ただこれ、従来の SP みたいな当て方とは違い、恐らく OS のアップグレード版を適用するのと同じ当て方ですね。アプリとかの個別設定は引き継がれるけど、OS 側の細かい設定の一部は引き継がれてません。

ということで相変わらず、不正な落ち方をするとタスクマネージャの設定情報が保存されない不具合が残ったままです。

コメントを残す