劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語

ということで、前回劇場で映画を見たのってナデシコだっけ? と言うほどに映画を外で見ない私が見てきました。ちなみに色紙はマミさん。

以下、それなりにネタバレです。

最初、というか情報が出始めた頃は、まどかの新作とはいっても期待はあまりしてませんでした。特に新キャラの追加とか、良くも悪くも綺麗に収まったあの話に続きを付けるとか蛇足になる可能性が高いと思ったので。いかにもな新ゲストキャラとか正に劇場版って感じですけど、それってもうまどかじゃないよなあと。

しかし蓋を開けてみると、その正体は新キャラでも何でもない、むしろあらゆる意味で愛されてるキャラだったとか相変わらずやってくれるといいますか。わざと新キャラとして出して目線を逸らさせるのを狙ったとしか思えないあたり、やはり喰えない人ですね。

前半は分かりやすいほどに違和感がある「望まれた展開」な魔法少女もので、違和感の醸し出す凄まじい気持ち悪ささえ無視すれば素直に楽しめました。マミさんが輝いてるのが何より嬉しい。べべとの組み合わせは正直どうなんだというか冗談にしてもアレ過ぎるけど。

中盤は違和感の認識と謎の解明、振り返ってみると割と早足っぽいのにそう感じさせないところが上手いですね。まあ殆ど QB の説明台詞に集約させた、しかもそれは地上波でも使った手で今更不自然ではない、てところがあるのでしょうけど。

終盤、まさかここにきて見事に自分好みな展開になってくれるとは夢にも思わず。展開として可能性はそれこそあったものの、ヒットした作品で見事に、何の容赦もなくきっちりとやってのけるとは普通思いません。むしろ、えぐい話だって平気でやってのけるこの作品だからこそ、といったところですか。

自分好みなお話だったこともありますし、細かいネタもいちいちチェックし切れてないので、また 2 回目見に行きたいところです。

コメントを残す