5年振りの自作はトラブル続き

PC 1 つ組むぐらい 1 時間もあれば余裕でしょ? という事前の見通しの甘さを痛感するほどにトラブル続きでした。何せバラし始めてから、Win8.1 の ISO を焼いてないことに気付く準備の悪さ。そして焼いたら焼いたで、ドライブから抜くのを忘れたままバラすというドジッ子振り。

特に一番計算外だったのが、ZALMAN の CPU クーラーの取り付け。レンチが必要という時点で多少嫌な予感はしていたものの、商品として許されるのか疑問に思うほど取り付けにくいものでした。もう二度と ZALMAN のは買わないと思える程度には。

組むときも、電源の取り付けが思うようにいかないというかケースのネジ穴が罠だったとか SATA 電源コネクタが足りないとか、組んでみてわかるところで時間食いました。

そして最後のオチ。だいたいのドライバを入れ終えたところで、SSD にインストしたのに何故か真っ新の 3TB HDD に予約パーティション 350MB が作成され、残りを 2TB と 746GB でさらにパーティション切られるという奇妙な状態であることに気付きました。これはどう考えても入れ直し。

コメントを残す