Xonar U7 のドライバは(一見) Windows 8.1 非対応

いやもう、「あのさあ……」としか言えない罠でした。しっかりとインストーラーが弾いてくれます。タチの悪いことに OS 側の互換性機能では回避不能。

そりゃ確かにパケには 8.1 対応とは書いていませんがまさかマイナーバージョンまでチェックされるとは夢にも思わず。さらにこのドライバは製品添付 CD のものが Web にあるものよりも新しいようです。

ということで無理矢理インストしようと InstallShield のスクリプトを逆コンパイルするソフトを探して解析してみたりもしましたがどうやらちゃんと OS を判別してしっかり 8.1 を弾いてる感じでした。その式の演算子を逆にしてみたりしたものの上手く行かず、結局 InstallShield から呼び出されるらしい setup.ex_ のファイルをリネームして実行したらドライバやソフト含めてインストできて解決。

ASUS の Xonar ドライバはこういう妙な OS チェックをやるのをすっかり忘れてました。こういうのはやめて欲しいところです。

コメントを残す