Monthly Archives: 5月 2014

佐世保二桁

みんなまるゆでも掘っているのかあまりランキングが伸びてない今なら、特別戦果加算で二桁には入れるはずと 5-5 を早々に終わらせて 15 時更新で 43 位に。

これを維持する気は無いのでとりあえず満足しました。

さっさと今月の5-5

10 回以上突っ込んで削り 3 回まで。回復したはずの資源が飛ぶ飛ぶ。やっぱり大和型って資源が無いと運用できないよね。
5-5途中

利根姉さんは履いてない(仮)

ようやく大破したので利根姉さん改二に。
利根姉さん
すっかり可愛くなってしまわれて。

5-4は航巡4で安定

ちょいと小耳に挟んで試してみたら思った以上に安定してしまい、今まで入れていた戦艦 1 がお払い箱に。当然、航空優勢以上を取るのが前提で昼連撃ですが、反航戦で無ければ昼のみで S 取れたりもします。

かつて微妙と言われていた重巡、航巡の時代が来てしまったので、次はいよいよ航戦の時代が来るはず。

FLOWERS (4)

立花エンドとバッドエンド回収でコンプ。えー、これで終わりで良いの。

双子とか金髪とか銀髪とかの魅力的なキャラたちは何もないのかと思ったけど 4800 円のミドルプライス未満だったんですねこれ。お値段的にこの程度のボリュームになるのは仕方ない。それに次作も一応あるらしいし、今回はいわゆる導入部なのだからむしろ「引き」があるのは必然。

ということを考慮しても、もうちょっとある程度の満足感というのか区切りは欲しいところです。もっとこう、いちゃらぶちゅっちゅ世界を想定していたもので、いいところで無理矢理終わったような感じがして何とも勿体ない。

全般的に、プラトニックというのかなんなのか百合っぽい言われたらそうなんだけど、恐らくおとボクの方がよっぽど百合っぽい (※何かが間違ってる) と思うぐらいの薄さです。ウケを狙ったあざとい百合では無く、過程を重視していることはよく伺えるのですが、過程が丁寧だからこそ結果も見たいというもので。

(全体の) プロローグ的なところだけで面白いかどうか、といっても判断のしようがないといったところか。とりあえず次を読んでみたいとは思うのだけど。

ミステリーについては、前提知識ありきの謎解き過ぎるのでもう少しヒントかポインタになるものを示して欲しいところ。少々これはハードル高いです。

あと一応全年齢ということで誰も死んだりはしませんが、何か出てくるネタが妙に黒いというのか、「百合系女子校で起こるミステリーな事件♡」みたいな可愛らしい感じが全くしないんですが……いや、イノグレらしいっちゃらしいのだけど。勝手な思い込みもあったのかもしれませんが、この辺はちょっと注意か。

  • よかったところ
    • 百合「っぽい」世界観、サブキャラは魅力的です
  • わるかったところ
    • まだ判断のしようがないところ

雰囲気ゲーと言ってしまえばそれまでですが、決して悪くは無いだけに続いて欲しいところです。

あと名塚佳織の繊細で死にそうな声 (褒め言葉) がゲームで聞けるのは良いと思います。