Category Archives: ラノベ

ゴールデンタイム (6)

諸々の前振りが終わってこの辺から本筋、と考えてよいものか。かといって単純な三角関係にもならなさそうだし、どういう方向へ行くのだろうね。

ということで一通りの本編シリーズは読み終わり。とらドラ! が好きだったので特に不安はありませんでしたが予想外に面白いというか、期待を見事に裏切ってくれたのが良い感じです。

何となくイメージするラノベの主流層といえば中高生、なので主人公も必然的にその周辺に設定されるものですが本作は一つ上の大学生。この時点で珍しい感じなのに、内容的にも世の中高生をスルーしまくってるかのような雰囲気です。

妹とかツンデレみたいなごく単純明快な記号なし、残念お嬢……というのは辛うじて最近の流行と言えなくもないけどそれはごく一面であって、容姿含めてちゃんと「完璧」という演出を持ってる。ここまで登場する度に容姿について細かく描写されるヒロインなんて初めて見たよ。あと何気に、時々使われるネタが悉く何故か三十路以上向け……というのは何かの伏線なんだろうか。いわゆる、最近のアニメ漫画的なギャグやパロは見かけなかったはず。

物凄くラノベ向けじゃ無さそうな内容なのにアニメ化とか大丈夫なのかと不安になりますが、そこは上手くやってくれるものと思いたいとこですね。っていうか完結前にやるんだろうか。

ゴールデンタイム (5)

そういえば千波ってどういう役回りになるんだろうと思いつつ読み終わり。

香子は相変わらず可愛いけど、地雷がそこら中に埋まってるところを目隠して歩いてるような綱渡り感があって危うそう。そして勿論そういう空気が面白さの一つにもちゃんとなってると。

特にまだ大きくは動き出してないけど、次巻あたりでそろそろ何か仕掛けてくるのかな。

ゴールデンタイム (4)

ようやく香子のイメージが固まってきたこともあって香子可愛い。

このシリーズって基本、サブタイトルが「そのまんま」になってるんですね……。

ゴールデンタイム (3)

この方向に行くか-、なるほど。

香子さんのイメージと絵はようやく重なってきたように思います。

香子さんは意識的に容姿への言及が細かく丁寧で毎度毎度ゴージャスな感じで流石。新キャラが出る度に「美少女」としか表現出来ない何処かのラノベが思い浮かんでしまうけど悪意は無いです。

ゴールデンタイム (2)

1 巻本文 258 ページ + 2 巻本文 48 ページ目にして、やっとの挿絵ページ。ラノベと言えばだいたい 30 ページ程度に 1 ページ程度の割合であるような気がしますけどここまで少ないとは挑戦的ですね。

挿絵が少なすぎる影響なのか、やはりまだ香子の印象と表紙イラストが全然一致しません。やはり大人っぽいメージが強くて、こつえー絵とどうも重なり合わない。まあ絵だと若くというか幼く見えるというのか。

お話の方。前巻をネタ振りに使っただけあって、徹頭徹尾しっかり仕込んでくるなあと。流れが大体予想出来ても素直に予想させないし飽きさせない安定した上手さ。でもこれって、ラノベ向きの内容じゃ無いよね。中高生ウケするかというとしにくい内容、というのが率直な印象です。

なれる! SE (9)

久々に技術っぽいお話に帰ってきたと思えば v6 トランスレータて。

あの大雑把な説明で伝わってるんだろうか、とか思いますがそこはきっと ggrks というやつか。今回は割とトントン拍子、明確な敵らしい敵も不在ということで平和な巻ですね。にしても工兵って既に新卒とかそういうのを超越しすぎてるような。

梢さんの出番が多めで良かったです。

なれる! SE (8)

ちょっと趣を変えた攻防戦と。

内容的には面白いのだけど、政治レイヤは果たしてエンジニアの領分かという点で素直に楽しめない感じがします。

なれる! SE (7)

ここでまさかの、いや漸くの鬱話というか胃が痛い。オチ含めてすっきりしないというか救いが全く無い……。

何かもう、アホっぽい学園ものラノベが恋しくなる副次的効果がありますね。

なれる! SE (6)

このタイミングで何故短編集。傾向的には、あるある話ネタと一発ネタ。

転職エージェントって一体何をしてくれるものかと思ってたけどそういう仕組みで稼いでたんですね。書類選考通過するレベルの添削はしてくれると。

なれる! SE (5)

梢さんマジ天使。今回のゲストキャラは妹……なの、か?

責任の所在とか諸々を考えると下手な現場対処とか絶対やりたくないのでチャレンジャーですね。臨機応変に現場対応出来る技術は責任を取ってくれるか調整してくれる偉い人があってこそのもの。