Category Archives: えろげプレー日記

FLOWERS (4)

立花エンドとバッドエンド回収でコンプ。えー、これで終わりで良いの。

双子とか金髪とか銀髪とかの魅力的なキャラたちは何もないのかと思ったけど 4800 円のミドルプライス未満だったんですねこれ。お値段的にこの程度のボリュームになるのは仕方ない。それに次作も一応あるらしいし、今回はいわゆる導入部なのだからむしろ「引き」があるのは必然。

ということを考慮しても、もうちょっとある程度の満足感というのか区切りは欲しいところです。もっとこう、いちゃらぶちゅっちゅ世界を想定していたもので、いいところで無理矢理終わったような感じがして何とも勿体ない。

全般的に、プラトニックというのかなんなのか百合っぽい言われたらそうなんだけど、恐らくおとボクの方がよっぽど百合っぽい (※何かが間違ってる) と思うぐらいの薄さです。ウケを狙ったあざとい百合では無く、過程を重視していることはよく伺えるのですが、過程が丁寧だからこそ結果も見たいというもので。

(全体の) プロローグ的なところだけで面白いかどうか、といっても判断のしようがないといったところか。とりあえず次を読んでみたいとは思うのだけど。

ミステリーについては、前提知識ありきの謎解き過ぎるのでもう少しヒントかポインタになるものを示して欲しいところ。少々これはハードル高いです。

あと一応全年齢ということで誰も死んだりはしませんが、何か出てくるネタが妙に黒いというのか、「百合系女子校で起こるミステリーな事件♡」みたいな可愛らしい感じが全くしないんですが……いや、イノグレらしいっちゃらしいのだけど。勝手な思い込みもあったのかもしれませんが、この辺はちょっと注意か。

  • よかったところ
    • 百合「っぽい」世界観、サブキャラは魅力的です
  • わるかったところ
    • まだ判断のしようがないところ

雰囲気ゲーと言ってしまえばそれまでですが、決して悪くは無いだけに続いて欲しいところです。

あと名塚佳織の繊細で死にそうな声 (褒め言葉) がゲームで聞けるのは良いと思います。

FLOWERS (3)

マユリエンド。え、え、いいのこれで? と困惑するしか無い終わりだけど、いわゆるトゥルーエンド的なものがあるんだろうか。百合成分についてはあるといえばあるようで、無いといえば無いような薄さかなあ。

謎解きは終盤の方はまだ何となく流れで検討が付くものの、序盤とか中盤は前提知識のレベルが高すぎてノーヒントだと難しすぎるんですが。ぐぐったら負けだろうと当てずっぽうで突破したけどこれ普通に分かる人ってどのぐらい居るんだろう。

FLOWERS (2)

OP 後の続きを少しだけ。いまいち選択肢をどう選んだものか悩みますが、今のところは思うままにで。やはりイノグレって事で選択肢は多目のようですし。

FLOWERS (1)

OP 後少しまで。主人公の独白は何故か FFD みたいな吹き出し形式とか珍しい。

CloverDay’s (4)

ヘキルエンドで良いのか知らんけどとりあえず一周目終わり。

お話的にはこんなもんだよねーなんだけど、こう幸せそうだと不思議ともにょる。

別に幸せであることは良いのだけど、世界があまりに優しすぎて素直に楽しめないのかな。幸せになれない厳しい現実があるからこそ、掴み取った小さな幸せが大切になるんだと思うよ!

あとはもう難癖の類とは思うけど、説教する立場であるはずの大人達の沈黙というか甘さ。立ち絵も出番も無いような、典型的えろげ主人公の親とかならまだ電話一本了承とかのギャグで許せるけど、キャラクタとしてしっかり出してる以上、こういうスタンスの大人はどうかと思うなあ。

CloverDay’s (3)

ヘキルとつきあい始めて数日のところまで。もしかしなくても、妹たちの方が好みな気がしてきました。

CloverDay’s (2)

ヘキルの続きを少し。何がどうこうとか特に嫌いとかはないはずだけど、ちょっとノリが合わないのか長時間プレーはちょっと厳しい感じ。

CloverDay’s (1)

体験版部分は流し読みしてたらやはり辛かったので途中からはほぼスキップで。そして 2nd OP ……って、ここでまさかこれか、こう来るのか。これは全く予想してなかったのでやられました。ずるい。

とりあえずどうやらヘキルルートらしいのですが、勉強のためと部活を辞めた主人公が女の尻を追いかけるために別の部活に入るっていうのを嫌な顔一つせずに受け入れる人達が理解できない……。いや妹はちゃんと糾弾してくれたけど。

なんだろう、説明なんかしなくても信頼してるよとか何とかな友情パワーなの?

大図書館の羊飼い -DreamingSheep- (5)

APPENDIX の残りを終えてコンプ。

ボリューム的にはつぐみと筧ルートが長め、あとはショートといったところ。手堅い作りだけに無難と言うべきか、遊びが足りないと嘆くべきか難しい。

しっぽデイズの 2 人については特に説明もないのでしっぽデイズはプレー済み前提の扱いですね。ただ、APPENDIX に枠があるというところからして尺についてはお察し。

白崎教信者……じゃない、図書部の面々の日常をもう少し見ていたいと思わせるキャラ立ての上手さや個性が良いだけに、中編ぐらいのエピソードをメインに入れるぐらいはあった方が良かった感じはします。普通にショートストーリー集的な FD よりは、何か核になるメインコンテンツがあった方が満足度は得やすいのかなと。

あとやはり惜しいのは姉妹丼のようで姉妹丼じゃない辺りとか。あれでもライターの人は相当苦労してたみたいですが、真面目に整合性を取ろうとせず素直に開き直ってしまっても良い局面なんでは。

  • よかったところ
    • 一通り FD として手堅い作り
  • わるかったところ
    • よくあるショートストーリー集だからこそ、ちょっと物足りない

8 月では久し振りの FD ってことで冒険はしたくなかったのかもですが、もうちょい何か 8 月らしい捻りが欲しいところです。

大図書館の羊飼い -DreamingSheep- (4)

玉藻さんを終え、APPENDIX を消化中。APPENDIX は前作にもありましたがオマケ的色彩の強い一発ネタか、ただのエロ補完かという主旨は同じまま。

発売前に、雑誌公開 CG で白崎姉妹丼が? とちょい話題になりましたがこれは……。8 月にしては予想外のサービスではあるけど、姉妹丼とは呼ばないよなあこれ。