Category Archives: 2006年のプレー作品

Circus Disk Christmas Days

ブランド: CIRCUS
D.C.II のは終了。何の捻りもないオチですが前半の雰囲気だけは良いです。ちなみにななかは出番無し。
次は D.C. 、というかことりのショートシナリオ。さすがに数年前の作品となると CG にもキャラデザにも古くささは感じてしまいますがやはり七尾絵は偉大です。立ち絵だけですけどねっ。

Circus Disk Christmas Days

ブランド: CIRCUS
まずは D.C.II のショートシナリオから。
だだ甘えっちって、D.C.II で一番欠けていたものだったんだと今更ながらに思います。

ef – the first tale

ブランド: minori
二章終わり、選択肢潰してコンプ。何だかんだで二章は好きかもしれません。どことなく「はるおと」に通じるものを感じたからでしょうかね。
にしてもちょっとチャレンジャーなネタというか配役で来ましたね。ヲタ受けを意図的に避けてるというか当て付けてるというか、ピュアな人には寝取られに見えるんだろうなと批評空間覗いてみたら本当にいるしっ。
完全版ムービーは WMV なのかやたらと重くてコマ落ちしまくりでしたがやはり見事です。構成からしてそんな気はしてましたけど本当に予告編な扱いですね。
一通り終えてみても、やっぱり物足りなさは残ってました。二部構成とするならもう少し前編に詰め込んで欲しいものです。不完全燃焼なところで区切られてしまっているのが実に残念。いやそもそも今回は世界観を見せるためのネタ振り編、何せ登場人物すら一揃いしていない状況です。2 本の短編と僅かばかりのインターミッションだけで満足しろと言うのが無理な話。
作中、一番存在感を放っていたみやこについては、まだ探し物の途中なので後半の何処かで出番はきっとあるはず。存在感が大きすぎる故に、ちょい役に回ったときの物足りなさは二章でよくわかってしまったのがアレでした。
前編……ですらないネタ振り編であることを除けば、音楽、CG 、演出その他全て水準以上。イベント CG 主体の演出だから必須とはいえよくあれだけの枚数を書かせたものです。その上、鏡面や液晶画面上でも妥協を許さない目パチ口パクの完備まで。
選択肢はお飾り程度、分岐といっても数分後にはタイトル画面直行なので敢えて入れる必要性があるのか謎なとこです。そこにもう少し広がりがあれば、漫画版ではあり得ないルートを開拓できればゲームとして面白かったのかもしれませんが、残念ながらインタラクティブノベルと称する本作は一本道が基本なのでした。
一章については、漫画版の最新刊まででほぼ 8 割方公開済みという笑うに笑えない状況に泣きそうでした。絶対に萌える修羅場展開だというのに、先の流れがわかってしまうと言うだけでこうも落ち着いてしまうものなのかと。

よかったところ
七尾絵の健在ぶりと、はるおとから磨きをかけてきた minori 演出
わるかったところ
漫画版を先に読んでしまった人はご愁傷様でした

いくらとうの昔にシナリオが完成しているからといっても、漫画版の企画スタート時期をもう少し調整するとか何とかできなかったのでしょうかね。えろげのシナリオなのに、事実上の初出が漫画版っていうのはどうよと。
総プレー時間が 6 時間程度というを何処かで読みましたが、ちゃんと声を最後まで聞いてるんでしょうか。私の場合、気になるシーンや台詞があるとバックログを確認したりしてるからかざっと 10 時間以上はかかってます。

ef – the first tale

ブランド: minori
今回 nbkz は一体何枚、あの七尾キャラを脱がせられることができたのかという一点だけに着目した感想というのも考えてましたが、そもそもそんなのを本気で気にしている人がどのぐらいいるかを考えて止めます。
進捗は一章を終了して二章途中。
一章はオーソドックスに、つまりはみやこの方を向くような選択肢で進んでみました。何というかアレですね、言わんとしていることはわかるけど、べ、別にそんなんじゃないんだからねっとツンデレってみたくなるような気分。一章という尺で描かれる成長物語として、こんなもんかなと思いつつ物足りなさもあるという。全体がまだ見えていないので物足りなさを感じるのは当たり前と言えばそうですが。感覚的には水夏の一章を終えた時点のような、この時点で何言えば良いんだよというのが正直なところでしょうか。
にしても前半にあたる本作で一番期待するのは、やっぱりみやこ、景との三角関係にあると思うわけですが。鋸持ち出したり空っぽの鍋かき回したりまではいかなくとも、もう一悶着無いと落としどころが無いというかすっきりしません。まあそこを使うのが第二章なんでしょうけども。
とりあえず新鮮味を求める人は漫画版は読まない方が良いです。体験版が漫画版と台詞レベルで被っているという時点で気付くべきでした。

D.C.II ~featuring Yun2~

ブランド: CIRCUS
D.C.II のシリアルを登録して DL できるオマケ作品。
D.C. しか知らないからか、別作品キャラを使うお話しは何ともまあ微妙です。むしろこの手のネタはファンディスクとかで使うべきで、素直に一作品のオマケデータとして適当な短編にした方が無難だったのではないかと。やるならせめてシリーズネタにしてくれと。ちなみに脱ぎません。

ダンジョンクルセイダーズ 動作検証版

ブランド: アトリエかぐや TEAM HEARTBEAT
文字通りの動作検証版なので、ダンジョン探索と戦闘のみです。
RPG の操作性ってある程度は完成されているので、後発組は素直に右向け右で良いと思うわけですよ。
マウス対応と言ってもオペレーションは画面上の矢印ボタンを押すという、ソフトキーボード的なインターフェイスに噴きました。何年前のユーザーインターフェースだこれ。いや RPG ってあまりやらない私が言うのもアレですが、それでもこれはちょっと古くないですかと。パッド派には関係ないのでしょうけど。
オートマッピングはちゃんと端まで寄らないと壁が記録されません。視界の範囲までは自動的にマッピングされるぐらいの気遣いはちと欲しいですね。
バグらしき物としては、テキスト表示速度を最速にすると敵出現時のテキストが全てスキップ状態になることでしょうか。その他は特に問題なし。
RPG の戦闘ってこういうのだよね、とわかってはいるのですが何かこうあっさりしてるような……。何かが足りない気がするのだけどその何かがよくわかりません。システムとしてはシンプルなところがそう感じさせるんでしょうか。
そいやファルコム系の ARPG って、ただでさえ少ないえろげの RPG じゃ殆ど見ませんね。基本は SRPG ですし。プレー済みだと 98DOS 時代に 1 本やったぐらいしか記憶にないです。

ef 体験版

ブランド: minori
第一章の冒頭、ほんの少しだけ。
やっぱり雨宮優子は立ち位置的にアレとかソレなのかなあと。Wind ネタで来るか、意表を突いて BSF ネタで来るか。さすがに教会繋がりは安易すぎると思うので無いでしょうけど。

CROSS FIRE 体験版

ブランド: JANIS
二丁拳銃って萌えるよねというだけの理由で予約してしまったものの、一抹の不安が消せないので体験版で雰囲気だけでも掴もうかなと。
様式美というか、わかりやすさって大切ですね。これでもう二捻りぐらいあって、意外な展開とか有れば何とか許せる、かも。

牝姫の虜 廃校舎の制服少女

ブランド: Gage
奈緒エンドでコンプ。柚流先輩と同じく分岐はありません。
さて纏め。まず、見た目通りの陵辱もの抜きゲじゃないです。よく読めば自称ジャンルが制服少女濃厚エロス ADV な通り、コンセプトが制服半脱ぎの濃ゆいエロてことで基本は合意な和姦。それだけならちょっと H シーンを頑張った最近の恋愛ものと大差ありませんが、半ば襲われる勢いで求められたりする淫猥な描写や雰囲気が差別化のポイントでしょう。というか恋愛ものにおける H シーンはあくまでも儀式的なものなので、比べること自体が無意味なのですが。
元より有って無いようなものでも、無いよりは有った方がいいのが物語。特にエロ重視というコンセプトの作品だと大層にしすぎれば反感を買い、無ければただの CG 集同然の扱いを受ける事になるという実に扱いにくい要素です。それが本作では雰囲気を作るための設定やバックグラウンドとして、邪魔にならないバランスで織り込まれていたのは正直意外でした。無駄に多すぎもせず、少なすぎもせず、多少の物足りなさは感じてもまあ納得のいく案配かと思います。舞台は共通しているものの、シナリオが殆ど被ることがないのも三者三様な感じでかえって好印象でしたし。
メインとなるキャラは 3 人と、最近の作品にしては珍しく少なめです。サブキャラが絡んでくれるので少なさは感じませんでしたが。扱い的には由衣がメインヒロインらしく、CG 枚数もシーン数もトップです。シナリオ自体も一番ボリュームありますし。奈緒と凛子は微妙にキャラが被っているような気がするので、もうちょい纏う記号を分けて欲しかったかなと。
CG は汁も差分も豊富で、特に大きな不満は無し。敢えて言うならもう少し彩度を上げてみても良いかなと思います。どうも全体的に薄めな印象があります。
予約特典はビジュアルブックとサントラ。予約特典に付く冊子ものと言えばゲスト作家によるイラスト集か今更な一部原画集と相場が決まっているので、てっきりビジュアルブックもそんなもんだろうと思ってましたが違いました。雑誌での書き下ろしイラスト (掲載誌名明記) の他、ショップ特典テレカ用書き下ろしイラストまで掲載してます。いわゆるビジュアルファンブックの類が出そうにないことを見越しての収録なのかは定かではありませんが、実に有り難いことです。死蔵されてしまうよりはずっと良い。

よかったところ
半脱ぎ H シーンと一応のシナリオの絶妙なバランス
わるかったところ
クリックに対するレスポンスの悪さ、見た目とのギャップ

よくありそうなお手軽陵辱ものっぽく見えてしまうのが本作の最大の不幸でしょうか。一応、由衣だけとはいえ分岐としてあるにはあるし、マッハ墜ちでも無いのでそこそこ良いしで嘘じゃないですが明らかにメインは濃厚エロ (not 陵辱) なので、脱ぐまでに時間が掛かるのを嫌う向きにはお勧めできません。逆に、懇ろになったキャラが寝取られるのが嫌とか陵辱と言うより拷問だろな展開が苦手だけど濃ゆいエロは見たいというのなら丁度良いといったところかと。

牝姫の虜 廃校舎の制服少女

ブランド: Gage
奈緒シナリオで 5 日目まで。